ランドバンキングは値上がり益が期待できるというが…

いざ海外投資を始めようと思っても、その商品数の多さにたじろぐ投資家もいるのではないか。自分で実際に投資すれば商品の中身はわかるが、いくつもはできない。だが、自らの身を削りさまざまな海外商品に投資する人もいる。そんな投資家の一人に話を聞いた。

彼は海外投資歴10年、現在60代のサラリーマンだ。海外投資のきっかけは2005年、転職するに当たって3000万円の退職金を得たこと。この退職金を低金利の銀行に預けるのではなく、少しでも増やしたいと思って投資の勉強を始めた。

投資を本格的に始める際、目標としたのが「年平均7%のリターン」だ。そこで海外のヘッジファンドに投資することにした。そのうちの一つが、「マネージド・フューチャーズ・ファンド」という、先物取引を積極的に利用し株式、債券、通貨、コモディティなどの相場の方向性に賭ける運用戦略を採るヘッジファンド商品だった。

インターネットで購入できる業者を見つけて、香港で海外口座を開いた。投資金額は1万米ドルからだった。ヘッジファンドは、株式などの相場が上下する中でも絶対収益を目指すとする。この商品なら年10%のリターンが期待できると思った。しかし現実は違った。購入から約10年経った今、投資元本は2割強のマイナスとなっている。

08年にリーマンショックに見舞われたこともある。だが、「いくつも投資してみた結果、ヘッジファンド商品は意外と儲からないことがわかった」という。特に利益の2割とされる成功報酬がばかにならない。「運用成績がどんどん上がるなら、そのうちの2割を払ってもいいと思っていた」というが、肝心の運用成績が振るわなかった。

投資対象は広がりランドバンキングにも

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP