テレビ、新聞、雑誌、ネットでシリア戦争や「イスラム国」(IS)によるテロが連日報道される。いずれもイスラム世界と関連がある。解説記事も飛躍的に増えた。イスラム教の2大宗派であるスンニ派とシーア派の名前もしばしば聞くようになった。

トインビーの仮説で 中東を俯瞰する

本稿ではイスラム世界を観察する際、「二つのイスラム文明」という仮説を紹介したい。視点は宗派間対立ではなく文明の形態による差違である。

この仮説の提唱者は英国の歴史家アーノルド・トインビーである。著書『歴史の研究 第2巻』(邦訳は1966年刊)で、トインビーは外部からは一つに見えるイスラム世界を二つの文明圏に分類する。アラビア文明圏とイラン(ペルシャ)文明圏である。

イスラム世界に文明形態の差違という「補助線」を引くことで地政学、歴史、国際紛争への認識が深まるというのがトインビーの主張だ。

その土台には、イラン、イラク、インド、パキスタン、エジプトなどを植民地・半植民地にしてきた英国の、地域研究の蓄積がある。

イスラム教は610年ごろ、アラビア商人のムハンマドがアッラー(唯一神)から与えられた啓示によって始まる。ユダヤ教のモーセやキリスト教のイエスと同じ系譜で神からの言葉を聞く預言者だが、ムハンマドこそ「最後の預言者」だとする。イスラム教は、現在のサウジアラビア・ヒジャース(二つの聖都・メッカとメディナがある)地方を起点に世界に広がっていった。

聖典『クルアーン』(コーラン)はアラビア語で書かれ、朗々と読まれる。アラビア語とイスラム教は永久に切り離せない関係にある。イランのシーア派イスラム法学者がクルアーンを学ぶ際も母国語のペルシャ語ではなく、アラビア語を使用する。アラビア語はイスラム世界では信仰の共通語なのである。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP