1月21日は718円、1月29日は872円、2月15日は911円……。2016年に入り、日経平均株価が1日で上下に大きく振れる日が増えている。年初から2月29日までの2カ月間での変動幅(高値と安値の差)は1日平均427円。昨年(同222円)、一昨年(同169円)と比べかなり大きくなっており、1日で500円以上動くことはもはや珍しいことではない。

背景として、為替動向や資源価格など外部環境が大きく変動していることはある。たとえばドル円相場は年初から2カ月も経たないうちに10円以上円高へ変動。これまた昨年1年間の変動幅を超えている。

ただそれ以上に、ブル型投資信託など先物取引を利用したファンドが規模を急拡大したことも大きい。ブル型ファンドは日経平均などの指標をターゲットとし、指標の値動きの2~3倍の投資成果を目指したものだ。先物が買われる(売られる)ことで価格が大きく動き、先物主導で現物にも売り・買いが入るため、変動幅が大きくなってしまうのだ。

株価を見極めるため、来期業績に関心が集中

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP