より過激なヘリマネ論も台頭

焦り出した政策当局、マーケット 「金融緩和が効かない!」

「主要国経済は日本化している」

3月22日に開かれた日本政府の第3回国際金融経済分析会合で、ポール・クルーグマン米プリンストン大名誉教授はこう持論を展開した。

第1回の会合では、ジョセフ・スティグリッツ米コロンビア大教授が世界経済の現状を「大低迷(グレート・マレイズ)」と呼んだ。

二人のノーベル賞経済学者の表現は、今世界の政策当局が何に悩んでいるのかを端的に示している。

「金融政策で克服可能」という自信が崩壊

それを示したのが図1だ。日米欧(ここでは欧州としてドイツを例示)について、青の太線が期間ごとの平均実質GDP(国内総生産)成長率、赤線が中央銀行の政策金利の推移を示す。一目瞭然のように、政策金利はどんどん下がって今やゼロ金利状態だが、GDP成長率は低金利によって上向くどころか、むしろ徐々に低下している。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP