東京・渋谷の一等地にそびえ立つコーププラザ(日本生協連本部)(撮影:今井康一)

「世帯加入率5割を目指す」──。日本最大の消費者組織である生活協同組合(以下、生協)が掲げる2020年ビジョン。実に2世帯に1世帯を組合員にするという意欲的な目標だ。

20年での達成は不明だが、将来を見ると夢物語ではない。全国各地にある131の「地域生協」の組合員数は14年度に2058万人に上り、世帯加入率は36.5%と過去最高を記録。少子高齢化時代でも毎年約40万人増の右肩上がりが続く。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP