ユニクロ銀座店でも価格見直しが始まっている。柳井社長(円内)の鶴の一声で決まった(撮影:風間仁一郎)

4月のユニクロ銀座店。平日夕方、一歩店に入ると「1990円」「2990円」など、あちこちで値下げしたプライスが目に飛び込んでくる。商品一点一点についたタグは、手間がかかるため取り替えず、販促用のPOPを急いでこしらえた。

1990円と打ち出されたチノハーフパンツは、実際の商品タグに書かれているのは2490円。シャツやパンツ、スウェットといった定番商品の売り場では、500円程度の値下げが多く見られる。

「この商品は平日も週末も、毎日お買い求めやすい価格に見直しました。」とわざわざ書いてあるPOP。以前は金曜日にチラシを打ち、月曜日までの4日間で値引きセールを実施していた。しかし、こうした週末セールは縮小し、ハイロー戦略とは決別する。平日でも価格を下げて、“毎日安い”というEDLP(エブリデー・ロープライス)戦略へと、大きく舵を切った。

「今まで週末にロープライスで売っていたものを、最初から最低プライス、ギリギリでやる。その価格を週末も平日も維持したほうがより信頼されると思う」と、ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は説明する。消費者から見て、上がりすぎていた価格を見直し、ユニクロらしい低価格に戻す、いわば原点回帰だ。

2度にわたる下方修正

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP