1平方m100万円。東京23区の新築マンション価格がついにその大台に突入した。供給の多い70平方mの物件なら7000万円以上。一般世帯にとって、新築マンションは高嶺の花になりつつある。

新築マンション価格は2007年のミニバブル期を超えた。不動産経済研究所によると、15年度の東京都区部の新築マンション平均価格は6842万円と、前年から13.4%もの上昇となった。平均1平方m単価は100.1万円。首都圏全体の価格も前年度比10.4%の2ケタ上昇で、5617万円だった。

総合不動産大手5社のマンション事業の採算は改善している。15年度第3四半期までの各社住宅部門の営業利益率は約12.9%で、前年同期比1.4ポイント上昇した。

好立地志向と相続対策 高額物件の好調続く

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP