生涯未婚が増える時代。家族の形や夫婦の働き方もさまざまだ。そこで、現役で働く35歳男性を陥りがちなライフスタイルで分類し、年収、イベントごとに現役から退職後までの生涯収支を比べ、堅実なマネープランを提示しよう。

 

非正規男性・生涯独身

経費の抑制が肝心 働く期間はなるべく長く

まず、生涯独身で非正規雇用のAさんのケース。貯蓄は100万円、手取り年収は250万円、生活費は年120万円、住居費は年80万円で、現時点での年間収支は50万円の黒字になっている。

生涯独身の場合、結婚費用、子供の教育費、住宅購入費用などのイベント費用が少なく、年によって収支が大きく変動することも少ない。年間の生活費や住居費をうまくコントロールできれば、大きな家計破綻のリスクは実は低いだろう。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP