年初来、円高傾向が続いている。5月16日現在、円は主要通貨の中で最強であり、最も弱い英ポンドに対して11%、3番目に弱い米ドルに対して9%上昇している。

国際収支のフローを見ると、円高の背景の一端がうかがえる。日本の1〜3月期の経常黒字額は5.9兆円で、円安が続いた2012〜14年各年の通年の経常黒字額より大きくなっている。

本邦投資家は4月、外国株を1.0兆円売り越している。国内投資家が外国株を売り越すのは14年11月以来1年半ぶりだ。外国株の売り主体は投資信託で、0.8兆円の売り越し。統計がさかのぼれる05年以降最大の額だ。

国内投資家による外国債券投資も、かなりの勢いで行われている。今年2〜4月の3カ月間で、外債を9.4兆円も買い越した。ただ、そのうち6.9兆円は銀行と生命保険会社によるもので、ほとんどが為替リスクを取らない投資だ。円売りにはつながっていないと考えられる。生保に限れば、外債買越額は3.4兆円に上り、これも統計がさかのぼれる05年以来、最大となっている。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP