(撮影:今井康一)

「電機メーカーがIT業界からの大量採用に動いている」 あらゆる機器がセンサーなどを介してつながる「IoT(モノのインターネット)」が広がりつつある(図1)。これに危機感を募らせるのが、製造業だ。

[図1]
拡大する

そこで製造業は人材を確保すべく動き始めた。関係者によれば、採用市場で冒頭のような話題が出はじめたのは昨年あたりから。数十人規模の人材確保をもくろむ大手もあるのだという。

調査会社の米IHSは、2020年には現在の倍以上、世界で500億個を超えるデバイスがネットとつながると見込む。あらゆる機器から集まるビッグデータをどのように活用し、新たな製品やサービスへと展開するのか。それは多くのメーカーが抱える共通かつ喫緊の課題ともいえる。

IT業界に開いた風穴 開かれた「第3ルート」

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP