MENU

【ケーコジ(スマホ転売)初心者必見】移動機(端末購入のみ)で稼ぐやり方!

スマホ転売(ケーコジ)は最初に始める副業としてとてもおすすめです。人気の端末さえ確保することができれば、すぐに利益を手にすることができます。実際、私もケーコジを始めた初日に半日、ドコモショップを回って1万円ほどの利益をてにすることができました。

その手法は、この業界で移動機の購入、別の言い方をするとスマホ端末購入のみで稼ぐやり方です。やりすぎには注意が必要ですが、回線契約を伴わないため楽で時間もかかりません。1つの手法として身に付けておくのもありかなと感じましたので、以下に詳しくそのやり方を解説いたします。

目次

移動機(端末購入のみ)でなぜ利益が出るのか?そのからくりとは?

回線契約を伴わない移動機(端末購入)で利益が出る理由は以下の2点があります。

(1)キャリヤや店舗独自の値引キャンペーンの利用

1つ目の理由はキャリヤや店舗独自の値引きキャンペーンの利用になります。
以下のようなPOPを通信会社の店舗の前でよく見かけると思います。


このようは販売が定着している日本では「えっ?機種代金が一括1円?」とはならないと思いますが、とにかく割引が入りやすく端末が買えるようです。

条件としては
1:のりかえ(MNP)または5~22歳の新規の方
2:プランはメリハリ無制限またはスマホデビュープランに入る

そうすると、お1人様1台限りですが機種は1円でよいと。

回線契約を伴わない移動機(端末購入のみ)で利益を出すにはPOPの左下に注目します。

よくPOPを見ると、2つの割引が適用されて1円になっていることが分かるかと思います。

・端末購入(新規・機変・端末単体)で5,359円の割引
・のりかえ(MNP)または新規契約で22,000円の割引

逆にいうと販売価格27,360円(=1円+5,359円+22,000円)の端末が2つの割引が適用されて1円になります。

移動機(端末購入のみ)は、端末購入(新規・機変・端末単体)で5,359円の割引のみ適用してもらって
22,001円で端末を買います。


買った22,0001円より買取所での買い取り価格や、メルカリなどでの販売価格が高ければ利益がでる。
移動機(端末購入のみ)の利益の出し方です。

時期や店舗によって、端末購入(新規・機変・端末単体)の割引の金額が上下します。
たくさん割引してくれるときを狙ってガンガン端末購入をして利益を出していってください。

しかし、やりすぎには注意が必要です。
理由としてはお店には利益が全然残らないので、端末購入するお客を嫌がっています。

販売員は2つの割引が入って1括1円なんですよ~とは言ってこないですし、
最初から端末購入で考えています!と宣言してしまうと在庫がないと言ってきたりします。

少し経験が必要ですが、最初はのりかえ(MNP)で考えている客を装い在庫の有無を確認して
有りだったら「端末購入だけでも割引入るんですね!じゃあ、今日は端末購入でお願いします!」と
のりかえ(MNP)から移動機(端末購入のみ)に変更して端末だけ購入すると上手くいくと思います。

でも、スマホ転売(ケーコジ)で中長期的に利益を出し続けるにはお店との良好な関係を構築する必要があります。
なので、余裕があれば、喜んでくれるのりかえMNPにしましょう!

上記の例だと、しっかり22,000円の割引もされますのでお得です。各キャリア、ブラックリストに入らないように維持する費用に20,000円前後必要なので、MNPでの割引分はそっくり維持費用になりますが、お店との良好な関係を重視してみてください。店舗によっては、人気の高い端末の施策が入ったら連絡くれるようになったり、ネットに流れていない情報を教えてくれたりするようになりますよ。

(2)為替の影響(円安)

2022年4月以降、円安が急速に進みました。アメリカは金融緩和の影響で景気がよくすぎてインフレの傾向が生じてきたため金融引き締め、つまり、ドルの金利を上げる流れとなりました。一方で日本は依然として金融緩和を継続するスタンスを崩していません。その結果、日米の金利差がドルの金利上昇によって開き、円安が一気に加速しました。

スマホ転売(ケーコジ)への影響としては、世界中に端末を供給しているアップルのiPhoneの価格差が国境を越えて商事始めました。

ITmediaのネット記事によると、日本のiPhoneは世界最安になってしまったそうな。

日本のiPhoneは世界最安 ブラジルでは40万円以上の機種も MM総研調べ
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2206/14/news159.html

結果として、日本のスマホ転売(ケーコジ)勢は利益が出るiPhoneを狙っています。
機種によっては、普通にアップルの公式サイトから定価で買って買取所に流すだけで利益が出ています。

iPhoneはアップルの公式サイト以外でも家電量販店でも、家電量販店のECサイトなどでも
たまに販売中のときがありますので、ぜひ狙ってみて下さい。

買取所関係は、買い取った端末は基本中国やドバイとか海外に輸出していきます。

したがって、為替の動向に気を配っておくことによってキャッシュポイントを増やせますので
ぜひ日々為替の動向を追ってみてください。

【ケーコジ(スマホ転売)初心者必見】移動機(端末購入のみ)で稼ぐやり方

まず前項のからくりを理解してください。

新人の店舗スタッフだと、前項のからくりを理解していなくて、端末購入(新規・機変・端末単体)の割引だけ使って
端末購入をしますと伝えると「えっ?」ってなります。店舗スタッフの方もよく理解されてない方もいるので、逆にPOPを一緒に見ながら教えるくらいの心の余裕をもって端末購入をしていってください。

からくりを理解したら、移動機(端末購入のみ)で利益がでる人気の高い端末がキャンペーンをやっているか、在庫があるかだけを各キャリアの店舗に確認していきます。

店舗に訪問する前は、のりかえ(MNP)で乗り換えを考えているんだけど、、、という感じで架電していってください。
おそらく最初から移動機(端末購入のみ)で考えていると伝えると、在庫がないです、、、と断られると思われます。

移動機(端末購入)はあまり歓迎されないので、のりかえ(MNP)用の弾がないけど、よい案件があるときくらいにしておいたほうがよいかもしれません。

そして、iPhoneの方は2022年6月現在、13Proや13ProMaxの価格差が1万円以上あります。大きい時で2万円に届く日もあります。世界的な半導体不足による在庫不足、中国コロナによるロックダウン、円安など諸々の理由が重なって、定価で買っても利益がでる状況が続いています。

ツイッターの情報はもう古い情報も多いですが1台でも買えるように情報を集めてみてください。

【ケーコジ(スマホ転売)初心者必見】移動機(端末購入のみ)で稼ぐやり方!まとめ

今回は移動機(端末購入のみ)で利益が出るからくりと稼ぐやり方をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?
2022年6月現在、円安が進んだ結果、iPhoneを買って転売することによって利益が出ます。円安によって、生活全般に悪影響が出る報道も多いですが、円安によって収入を増やすチャンスも増えていますね。

各キャリアのキャンペーン内容や、買取所の買取価格は日々変わりますし、iPhoneをアップルストアから大量に買うとすぐに転売対策が入り、使えない手法となります。とても動きの早い業界なため、「今」を知っている必要があります。スマホ転売(ケーコジ)業界は、情報戦です。

逆にいうと、良質な情報を適度に得ることができる環境に身を置くことができれば月10万円くらいの収入を毎月コンスタントに増やすことができるでしょう。

フォロワーの多いケーコジさんのツイートを参考にもくもくと一人で実践してもよいと思いますが、もし上記のような環境に身を置いてスマホ転売(ケーコジ)を実践してみたいなという方はコメント欄から立候補くださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる