当欄では『週刊東洋経済』の過去の記事をピックアップして紹介していますが、雑誌まるまる1冊分のバックナンバーも徐々に掲載を拡大しています。

バックナンバーの掲載を拡大中

グーグル、教育の経済学、鉄道臨増

2016年6月のローンチ時点では今年のバックナンバーだけでしたが、2015年分を少しずつ増やしています(一覧リストはこちら)。今回はその中から3冊をご紹介します。

1冊目は2015年6月13日号、第1特集は「Google(グーグル)」です。世界で10億人が利用するサービスを6つも抱える巨人が、AI技術を核に自動運転やロボット開発に乗り出した頃の企画です。欧州などで沸き上がったプライバシーや独占禁止法問題にも触れています。

 

2冊目は2015年10月24日号、第1特集は「『教育』の経済学」。アマゾンでもいまだに売れ続けている号です。教育を「科学」する試みが広がる中で、「早期教育」と「非認知スキル」を中心に取り上げ、科学的根拠(エビデンス)を政策にどう生かすかを探っています。

 

3冊目は2016年5月11日号(臨時増刊)「鉄道完全解明2016 全真相」です。恒例の鉄道臨増最新号を『プラス』購読者のみなさまだけに無料サービス。「新幹線」「首都圏」「デザイン」「経営」の4テーマに分けて徹底分析します。

(週刊東洋経済プラス編集長 山川清弘) (週刊東洋経済プラス編集長 山川清弘)