『週刊東洋経済』の過去のバックナンバーを紹介するこの企画。今週は「勉強の秋」にかけて英語学習をピックアップ。さらに不正会計から出直したばかりの東芝、そして混雑と遅延が激しくなってきた鉄道、の3冊でお送りします。

新TOEICで変わる英語力など3冊

英語、東芝、日本の鉄道

1冊目は2016年1月9日号、第1特集は「今年こそ!英語」です。今年5月受験から試験内容が変更された、ビジネスパーソンの出世への登竜門ともいえる英語テスト「TOEICの攻略法」を徹底解説。英語レベル別のTOEIC対策も伝授します。

2冊目は15年9月26日号、第1特集は「東芝-傷だらけの再出発」。有価証券報告書の提出遅延、歴代3社長の辞任、決算赤字転落に揺れる総合電機の名門を取り上げました。日立・三菱電機との重電3社比較で「独り負けの理由」を分析しています。また、この号の第2特集「公明党、創価学会よどこへ行く」も大特集です。ぜひご覧ください。

3冊目は15年11月28日号、第1特集は「ここがおかしい!日本の鉄道」です。相互直通運転で広域からの移動が便利になった反面、混雑や遅延が増える功罪をリポートしています。この号も第2特集が分厚く、乗り物つながりですが「MRJが飛んだ!」。世界の航空機産業でのライバル比較や、部品別・分野別の世界の航空機産業MAPを充実させました。

(週刊東洋経済プラス編集長 山川清弘) (週刊東洋経済プラス編集長 山川清弘)