11月11日は中国で「独身の日」でした。eコマース(電子商取引)の売上高が最大になることで有名です。これにちなんで、「淘宝(タオバオ)」や「天猫(Tモール)」といった同国最大のECサイトを手掛けるアリババグループの幹部インタビューを日替わりでお届けします!

『週刊東洋経済プラス』オリジナル

中国最大ECサイトの全貌

1999年に法人向けのECサイトとして創業したアリババ。03年に開設したC to C(個人間取引)のタオバオが収益柱です。11年に仮想商店街(B to C)「天猫(Tモール)」を開始し、現在はタオバオとTモールで商品取扱高が7:3。

今回は全6回のオリジナル企画。第1回目の今日はアリババの全貌についてまとめた総論を掲載します(会員登録していただければ無料で読めます)。

明日の2回目からが連続インタビューです。予定は以下。

 15日(火)はTモールのマーケティング責任者

 16日(水)はTモール国際の幹部

 17日(木)はタオバオのマネージャー

 18日(金)は物流ネットワーク「サイナオ」のCEO

 19日(土)はアリクラウド(サーバー容量の外販)のマネージャー

(週刊東洋経済プラス編集長 山川清弘) (週刊東洋経済プラス編集長 山川清弘)