会計はビジネスパーソンに不可欠な知識です。企業の事業活動は、会計ルールに従って記録され、期間を区切って決算書(業績)として表されます。企業にとっては決算書が成績表なのです。ですから、ビジネスの状況をいちばん簡単に知ろうとすれば、決算書を読めばわかります。数字はウソをつきません。

 

経済ニュースを深読みする

本物の会計力

わたしたちの周りには経済ニュースがあふれています。たとえば、ソフトバンクが10兆円規模のファンドを設立、東芝が1兆2800億円の損失を計上――。日々、報道されるこうした経済ニュースも、企業の事業活動を数字で表したものです。

特集では、まず基礎編として財務会計の基礎知識をおさらい。そして実践編で、この1年間の経済ニュースを取り上げ、会計の視点で分析します。会計知識と企業ニュースの両方がわかる一挙両得の内容です。